セイタカアワダチソウ

2016年09月11日

私はセイタカアワダチソウがとても嫌いです。

しかし秋の夕暮れ時だけ妖しく輝くこの花は絵になることを発見しました。

私はもともと国粋主義的な嗜好がある人間です。

その審美眼にこの花はあわない。

しかしこの花は移民と同じだと思うのです。

日本の原風景にはまったくあわないこの花ですが、この花に罪はない。

日本のやさしく詩情にあふれた風景は二度と戻ってはこない。