市川拓司さんの本について

2016年06月12日

市川拓司さんは海外でベストセラーになるほどの作家だそうですが、

彼の本「ぼくが発達障害だからできたこと」を読んでみました。

私自身は発達障害に該当する症状はほとんどありませんが

共感できる部分がありましたね。

それは病気と健常の境目なんてないからなんでしょう。

若い頃にバイクで日本一周に挑む無茶をするあたり

自分にも心当たりがあります。(市川さんは傷つきやすいそうで死ぬ思いをしたとのこと)

自身を農耕以前の時代に生きていた人間と同じ脳というあたり

私が憧れる時代でもあるわけです。

たぶんあったらいい友達になれると思いますね。