お天気によって歯が痛む

2016年02月29日

岡山大学の最新の研究によると気候変動により

歯周病が悪化し痛みがでる場合があるとのこと

詳しくは気圧が急激に低下した2日後と、

1時間ごとの気温の上昇が大きかった翌日に発症することが多いと分かったそうです。

痛みや腫れを事前に予測できればコントロールできるかもしれませんね。