イケダハヤトさんの本について

2016年02月24日

イケダハヤトさんの本を読みました。

「まだ東京で消耗しているの?」です。

刺激的なタイトルですが内容は東京で消耗せずに地方に移住しようというものです。

私自身は東京にはいいイメージが多いですね。

私の東京での一番の思い出はゴッホのひまわりをみたことですが、

素晴らしくいつまでも見ていたいと思わせるものでしたね。

この本のポイントは地方には仕事がないが

なにもないからこそ様々なものを生み出す余地があり起業せよということだと思います。

確かにあれがあったらいいなこれがあったらいいなということが次々と思い浮かびます。

昔は商店がいくつもあった福岡町にかっての賑わいを取りもどしたいですね。