ネアンデルタール人の遺伝子

2016年02月23日

医師である西川伸一氏の記事によると、バンダービルド大学の研究を紹介しており

現代人にはネアンデルタール人の遺伝子が残っており

次の病気を引き起こしていると断定したとのこと

1)光によって誘発される光線角化症、

2)持続性うつ病、

3)感情障害

この病気があることで生存に優位であり光に関係しているとのことで西川氏の考えでは

冬は日射時間が少なくうつ病になりやすいのには理由があって

外に出るのは危険が多かったから家に引きこもっていたほうが安全だからだそうです、

確かに冬場、車で運転すると注意力が散漫になりやすいですし思わぬトラブルも多いですね

現代は夜中でも明るいという意味で年中躁状態といえますが

資源の消費が莫大なものになる為、躁と鬱を繰り返す方が資源の枯渇が遅くなるかもしれませんね。